飼育部







第一話

08/08/03公開




 『牝犬の保護及び管理などに関する法律』が施行されて十数年が過ぎ、牝犬の存在も大分普通の存在になっ
てきていた。
 二十世紀後半からの人口増加、二十一世紀に入って起こった食糧不足、また男女の出産比率の偏りなどの解
決策として打ち出された牝犬制度は、人権問題とのバランスで度重なる改善がされつつも世界的に普及してき
ていた。
しかし牝犬の頭数が増えるに従って新たな問題も起こっていた。その一つが優秀な調教師の不足である。
牝犬になるということは、人間としての生活の困難な一面から解放されると同時に、すべての人権を放棄して
人間であることをやめるという過酷な生活を選ぶということでもあった。そのため牝犬になって幸せな生活を
送るためには、厳しいながらも適切な調教を受ける必要があるのだったが、どの訓練所でもそのための人材の
確保には苦労していた。
 牝犬調教師は医学、獣医学、心理学などの高度な知識も必要とする職業である。単にサディスティックな性
格であればなれるというものではなく、また牝犬志願者の女性の微妙な心理状態や性暴力の可能性などから
も、女性に大きく開かれた職業であり、優秀な調教師には高い名誉と安定した高収入が約束されていた。



「私ね、高校に入ったら飼育部に入ろうと思うの!」
「飼育部に入って牝犬調教師を目指そうと思うんだ!」
 夕食の席で高校進学を控えた妹の貴子が話すのを、姉の瑞希は感心したように聞いていた。
貴子は小学生のころから勉強が出来るうえにスポーツも万能で、牝犬調教師を目指す資格は充分にあった。ま
たはっきりとした性格、すらりとしたスタイルも他者を圧倒するものがあって瑞希からみても牝犬調教師には
向いているように思えた。
「それは素晴らしい。しかし牝犬調教師になるにはお金がかかるぞ。我が家にはそこまでのお金はないし
な・・・」
「そうよ、飼育部で牝犬調教師を目指すには、訓練用の牝犬は自分で用意しないといけないというじゃない?
訓練用の牝犬なんて私たちじゃ用意できないわよ・・・」
 娘の希望に喜びながらも父母の表情はさえなかった。現代の花形職業ともいえる牝犬調教師になるにはお金
も相当にかかるのも現実だった。
「分かってるわよ。それもちゃんと考えてあるの。だからお父さんお母さんに後で相談したいことがある
の。」
 貴子はそういうと少しだけ瑞希の方をみた。瑞希には貴子が見せた表情の意味は分からなかったが、勉強は
そこそこながらもスポーツは苦手で、性格はおとなしく体型も小柄と貴子とは対照的な自分には関係がない話
と決め込んで、あまり気にもならなかった。




第二話

08/9/30公開




 活気あふれる桜の季節、瑞希は高校二年生に進級し、貴子は新入生として姉と同じ高校に入学した。
「貴子、入学おめでとう」
 家庭で開かれたささやかなお祝いの席で瑞希は貴子にプレゼントの包みを渡した。中に入っているのは可愛
らしいボールペンだった。
「お姉ちゃん、ありがとう」
 さっそく包みを開けた貴子だったが、ボールペンを見ると少し表情が曇った。
(・・・)
 瑞希は不満げな貴子の表情に少し動揺した。
(他のものが良かったのかしら・・・)
 しかし、貴子が瑞希から欲しかったものは『モノ』ではなかった。
「お姉ちゃん、嬉しいけどこれは返すわ。私がお姉ちゃんから貰いたいものは他のものなの!」
「えっ・・・」
 妹の言葉の意味がわからず瑞希はおろおろとした。両親を見ると得心したように落ち着いて穏やかな笑顔を
している。家族四人の中で自分ひとりがこの状況を把握できていないことが瑞希をいっそう不安にさせた。
「そうそう、わたしからもお姉ちゃんにプレゼントがあるの。はい、これ!」
 貴子は落ち着かない瑞希に紙の包みを渡した。
「さあ、開けてみて!」
「・・・はい」
 瑞希は不安げに包みを開けた。
「えっ、まさか・・・これって・・・」
 瑞希は包みから出てきたものを見て激しく驚いた。中から出てきたのは赤い犬の首輪だった。
「可愛いでしょ。お姉ちゃん肌も白いし、首も細いからきっと似合うわ」
「貴子・・・、まさか姉のわたしに・・・」
「そうよ。わたしがお姉ちゃんから貰いたいものはお姉ちゃん自身よ。わたしの牝犬にはお姉ちゃんになって
欲しいの!」
 貴子は威厳にあふれる態度で、反論を許さない判決を言い渡す裁判官のようだった。
「そ、そんな・・・」
 大人しい瑞希は議論は上手ではない。これまでも何かあるとたいていは妹に言い負けてきた。瑞希は助けを
求めるように両親に視線を向けたが無駄だった。両親と貴子の間ではすでにもう話し合いが終わっているよう
だった。
「フフフ、牝犬といっても訓練用の仮の牝犬よ。本物とは違うわ。契約期間は二年よ。もっとも一年の延長が
あるけどね。契約期間が終われば普通の人間に戻ることだって出来るわ」
「・・・」
「お姉ちゃんがわたしの牝犬になってくれるならきっとコンクールでも優勝できると思うの」
 貴子の言葉は自信にあふれていた。すでに瑞希が牝犬になったあとのことまで考えているようで、不思議に
瑞希も牝犬になることが自分の運命の一つのような気分になってきた。
(たしかにそうかもしれない・・・。貴子は姉のわたしなんかよりも何でも立派に出来たし・・・、助けられ
るのはいつもわたし・・・)
 そのとき父が口を開いた。
「瑞希、最初は恥ずかしいし嫌だろうけれど貴子に任せればきっと乗り越えられるよ。私から見ても貴子には
調教師の才能があるし、瑞希には牝犬の才能があると思う。それに期間が過ぎてやっぱり嫌だったらそのとき
は人間に戻ればいい。それまでにはお父さんもお母さんも頑張って、貴子には新しい牝犬を飼ってやれるよう
にするさ。どうだい、貴子に任せてみないか?」
「そうよ、瑞希。あなたはとても優しいし貴子とだったらきっとうまく行くわよ。」
 母も父の意見に同調した。
「フフフ、でも今日まで普通の女子高生だったお姉ちゃんに、いきなり牝犬になる決心をしろというのは無理
かもね。少しだけ考えをまとめる時間をあげるわ。三日間、その間に心を決めてきてね。」
 すでに貴子の言葉は命令口調だった。もう貴子の中では瑞希が自分の牝犬になることは既定の事実らしい。
しかし瑞希には反論する気力はなかった。瑞希の中にもそのことを事実として受け入れ始めている自分がい
た。期間が過ぎれば人間に戻れるという父の言葉も不安な瑞希の心を落ち着かせた。
「はい・・・」
 瑞希は渡された首輪を握り締めると顔を上げてうなづいた。